【初心者向けトイドローン】購入時に確認したい7つの事

【初心者向けトイドローン】購入時に確認したい7つの事

初めてのドローン「何を買えばいいの?何を見ればいいの?」と悩みますよね。

その悩みを少しでも解消する為、また買ってから後悔しない為に、7つの項目をチェックしましょう。

初心者は安価で操作しやすい「トイドローン」が望ましいです。

重量200g未満を選ぶ

まず初めに重量をチェックし、重量が200g未満のドローンを選択。

主に航空法が適用されるのは、重量200g以上のドローンです。

価格も跳ね上がる為、初心者は扱いやすく法律にも緩い、200g未満のドローンで練習しましょう。

 

200g未満のドローンの名称は決まってなく、一般的によく言われているのが、

  • トイドローン
  • ホビードローン

この2つでくくられています。

ネットで検索する時は、どちらでも構いません。

GPS搭載・ポジショニングシステム

屋根や壁が障害になり受信が難しくなります為、室内で飛行させるにはGPSは必要ありません

その代わり、「ポジショニング・システム」などの高度維持機能を搭載している機体を選ぶとよいでしょう。

しかし屋外で遠くに飛行させる場合は、GPSが必要になります。

【ポジショニング・システム】

機体の下部に超音波センサーがあり、地面との距離を測り安定を保つ(ホバリング)機能

プロペラガードの有無

初心者や子供が飛行させるにはプロペラガードは必須と言えるでしょう。

ガードなしで壁などにぶつかった場合、プロペラが壊れ壁も傷つきます。

プロペラ交換に費用がかさむためガードは必須です。

飛行時間

飛行時間の確認をしておくこと。

トイドローンの平均飛行時間は10分前後くらいですが、機体により5分しかもたないバッテリーもあります。

実際に飛行させてみると、1個(約10分)だけだと物足りないと感じるかもしれません。

予備バッテリーの有無も確認する事

カメラの性能

空撮を楽しみたい方は、次の2点を確認してください。

  1. 最高画質
  2. 可動式か固定式か

解像度は『HD・フルHD・2K・4K』など様々です。

高画質になるにつれ画素数が大きくなります。

 

綺麗な動画を撮りたい方はDJIの「Mavic mini」がいいでしょう。

3軸ジンバルを搭載しており、プロ並みの空撮が可能なトイドローンです。

あわせて読みたい
mavic mini(マビック ミニ)200g未満|最強トイドローンの性能を解説
mavic mini(マビック ミニ)200g未満|最強トイドローンの性能を解説

高画質になるにつれてデーター容量も大きくなる為、記録メディアも大容量の物が必要となります。(microSDカードが主流)

プロポ(コントローラー)の有無

機体のみでプロポのないトイドローンもあります。

プロポの方が操作しやすい為、オプションで購入できる場合は用意したほうが無難です。

スマホで操作する場合は、対象の機種なっているか確認しましょう。

また機体により、操縦モードがモード1とモード2があり、操作方法が異なります。

プロポの操作モード

  • 日本の主流はモード1
  • 海外の主流はモード2

初期設定はモード2のケースが多いです。

モード2で慣れておくと、他の海外製品のドローンも安易に操縦できるでしょう。

収納ケースの有無

保管や持ち運びに便利な収納ケース

ドローンは精密に出来ている為、少しでも衝撃は避けたいとこです。

本体・プロポ・バッテリーと一緒に収納できるのが理想ですが、中には本体のみの場合もあります。

ほとんどが専用ケースになっており、コンパクトに収納できます。

確認したい7つの事のまとめ

  1. 重量200g未満
  2. GPS搭載・ポジショニングシステム
  3. プロペラガードの有無
  4. 飛行時間
  5. カメラの有無
  6. プロポの有無
  7. 収納ケースの有無

初心者がドローンを購入する時に、確認するべき事を書いてみました。

初めてのドローンはトイドローン(200g未満)一択です。

購入を検討している方は後悔しない為に、この記事の7つ事に注目しながら、選んでみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
【GPS搭載】人気トイドローン 売れ筋ランキング5選
【GPS搭載】人気トイドローン 売れ筋ランキング5選

 

Copyright© Y・WORK , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.