【Mavic mini DJIアプリで動画編集】初心者でも簡単に編集できます

【Mavic mini DJIアプリで動画編集】初心者でも簡単に編集できます



Mavic miniを飛行させるときに使用するアプリ「DJI Fly」。

動画はこのアプリ内で簡単に編集できます。

このアプリ内にある「BGM付きのテンプレ」を使用し、画像を選択するだけでプロっぽい動画が完成。

SNSに上げる動画なら、このテンプレでサクッと編集しちゃいましょう。

慣れると5分もかかりません。

それでは画像を見ながら、順に編集していきましょう。

カンタン動画編集「テンプレモード」

step
1
初期画面の左下にある「アルバム」を選択

カンタン動画編集「テンプレモード」

step
2
右下の「作成」をタップ

「アルバム」を開くとデーター(撮影した映像のキャッシュ)の一覧が出てきます。

撮影した映像のキャッシュ

step
3
テンプレート画面から、好みのテンプレートをタップ

テンプレート画面

  • テンプレート
  • プロ

上記の2種類から選べますが、プロを選択するとより凝った編集が可能です。

各テンプレには『ショット数』と『映像時間』が決められています。

因みにプロは、

  • 映像時間
  • カット数
  • BGM
  • エフェクト

などが編集可能になります。

step
4
ショットを選び「追加」をタップ

ショットを選び「追加」をタップ

すると自動的にショートムービーが完成します。

選んだ順番で動画が繋がります

step
5
カット割りを変える

カット割りを変える

赤枠の各ショットをタップすると、こちらに移行

初めの数秒をカットする

動画に動きを出したい時は、初めの数秒をカットすると、なめらかな感じで始まります。

step
6
好みでフィルターとロゴを編集

好みによりフィルターと最後のロゴを編集

  • フィルター編集画面

フィルター編集画面

  • 最後のロゴ編集画面

最後のロゴ編集画面

step
7
右上のダウンロードボタンで端末に保存

右上のダウンロードボタンで端末に保存

完成するとこんな感じになります。

 

画質は元データ(microSDカード)に比べると劣りますが、SNSに上げるくらいなら充分だと思います。

自分用のオリジナル動画をサクッと作る分には、手間がかからずいいですね!

Copyright© Y・WORK , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.