【ワークパンツ】定番ブランド人気おすすめ5選|おしゃれコーデもあわせて紹介!

【ワークパンツ】定番ブランド人気おすすめ5選|サンプルコーデもあわせて紹介!

耐久性があることから、作業用として使われているワークパンツ。

今では機能面だけでなく、ファッション性が注目されタウンユースでも着用している方多く、人気上昇中のアイテムです。

とはいえ、どのワークパンツを選べばいいか分からない方も多いはず…。

そこでこの記事ではおすすめのワークパンツ5本を紹介します。

お気に入りの1本を見つけてくださいね。

 

ストリートワークパンツおすすめ一覧

ブランド名

【Dickies】

【Red Kap】

【CARHARTT】

【BEN DAVIS】

【UNIQLO】

モデル874PT20B01(ダブルニー)ゴリラカットレギュラーフィットワークパンツ
素材コットン:35%
ポリエステル:65%
コットン:35%
ポリエステル:65%
コットン:100%コットン:50%
ポリエステル:50%
コットン:70%
ポリエステル:30%
オンス8.5オンス7.5オンス12.0オンス10.0オンス
ネット価格3,570円~3,163円~9,990円~6,900円~3.990円

(※価格は2021/5/29日時点)

ストリートでよく見るブランドの中から、おすすめのワークパンツを5つ選んでみました。

私の一番のおすすめは、カーハートの「ダブルニーダックペインターパンツ」

生地が厚めなので、アウトドア派の方にピッタリですよ!

 

ディッキーズ(Dickies) 874|ストリート人気No.1ワークパンツ

Dickies 874|ストリート人気No.1ワークパンツ

アメリカの3大ワークブランドの一つ、ディッキーズの定番ワークパンツ「874」

年代問わず愛用者が多いモデルです。

カジュアルにもドレスアップにも対応したシルエットで、バランスの取れているワークパンツになります。

カラー展開も豊富に用意していますが、ベージュを中心にダーク系が人気です。

3,000円台で購入でき着回しも簡単なので、まだ持っていない方は1本用意しておきましょう。

ディッキーズ874のサイズ感に関しては、こちらにレビュー記事があるので、参考にして下さい。

レビュー記事:ディッキーズ874のサイズ感を徹底調査!失敗しないレングスの選び方

コーデ①:ニットキャップとロンTを組み合わせたストリートファッション

出典:https://wear.jp/ois10255/19015995/

ニットキャップとロンTを合わせたコーデ。

シンプルな色使いですが、トップスをオーバーサイズに着こなすことで今っぽさを出しています。

キーリングやネックレスなどの小物でストリート感UP。

配色で悩む方は参考に!

こーで②:ワイルド感がでるネイビーコーデ

出典:https://wear.jp/kouske29/14513098/

ディッキーズ874+パーカーはスケーターの王道ファッション。

874をそのままの自然体で履き、同系色のアウターでシックに決める。

オーバーサイズでの着こなしが多い中、ジャストに着こなすことでワイルドがでます。

男らしさがでるコーデですね!

 

レッドキャップ(Red Kap) PT20|男らしさが一段とUPするワークパンツ

赤い帽子がトレードマークのレッドキャップからは「PT20」の紹介。

こちらは仕様が似ていることから、ディッキーズ874とよく比較されるワークパンツです。

生地は874よりも柔らかく、若干わたりが広いのが特徴。

縫製が雑な面がありますが、そこがアメリカっぽくてアジがあります。

オンスが7.5とワークパンツとしては薄い方なので、夏場はディッキーズじゃなくレッドキャップを履いている方も多いですね。

ディッキーズ874との違いを知りたい方は、こちらに比較記事があるので良かったら読んでみて下さい。

比較記事:売れ筋ワークパンツ|ディッキーズ874とレッドキャップPT20の違いを徹底比較

コーデ①:モノトーンコーデで大人っぽく

出典:https://wear.jp/settlener/19457063/

全体をモノトーンで大人っぽくし、ロールアップと白いサンダルで軽装感を出しています。

着ている物はPT20とTシャツだけですが、小物をアクセントにして飽きのこないコーデになっています。

カジュアル過ぎないシンプルなIラインを出したい方はのお手本に。

コーデ:②キャップを使ったカジュアルコーデ

出典:https://wear.jp/keiichi2412/19071350/

ベージュのPT20にグリーンのアウターを合わせたカジュアルコーデ。

一つ一つのパーツの個性を上手くまとめています。

太めのPT20が全体のバランスをしっかり保っていますね。

下半身がしっかりしている方にもおすすめなコーデです。

 

カーハート(carhartt) B01 ダブルニーダックペインターパンツ|経年変化も楽しめる至高の一品

カーハートの定番「B01」ダブルニーペインターパンツ。

生地はコットンダック地を使用し、かなり頑丈です。

特徴は名の如く、12.0オンスの生地が膝の部分にもう一枚あります。

耐久性、耐熱性に優れているので、アウトドアやキャンプでも活躍する事間違いなしです。

ネットショップではサイズがかけているとこが多いですが、1本あれば一生愛用できるワークパンツなので、自分のサイズがあれば即買いですね。

全体的に太めなので、ウエストはジャストサイズがおすすめです。

コーデ①:エアフォース1とダブルニーのコーデ

出典:https://wear.jp/onikoro419/18540266/

人気シューズ「エアフォース1」とのコーデ。

ダブルニーをゆるく履きストリート感を上手く出しています。

配色も2トーンでまとめており、野暮ったさがありません。ダウンジャケットと相性もいいですね!

コーデ②:ブーツを使ったワーク感をだしたコーデ

出典:https://wear.jp/ba103/18198452/

ダブルニーとデニムジャケット、ブーツの相性は抜群!

キャスケットをかぶることで、さらにオシャレな着こなしに。

ブラックのダブルニーで落ち着きを出していますが、アメカジ感があります。

ごつめのブーツとの相性は抜群ですね。

 

ベンデイビス(BEN DAVIS) ゴリラカット|他人と差をつける極太シルエット

極太シルエットが特徴なベンデイビスのゴリラカット。

センタープレスがキレイなので、ドレスアップにも相性ヨシ。

10.0オンスの厚めの生地ですが速乾性があり、履きやすい仕様になっています。

わたりから裾にかけて太めのストレート。太めが好きな方はたまらないワークパンツですね。

男らしさを出したい方はゴリラカットをおすすめします。

コーデ①:ジャケットを使ったコーディネート

出典:https://wear.jp/annstory/16617015/

フルレングスの着こなしで、足長効果を発揮。

ワイドパンツなので靴が隠れてしまいがちですが、ジャストサイズでバランスをとっています。

配色も見栄えが良く春、秋に参考にしたいコーデです。

コーデ②:ロールアップで靴を強調させる

出典:https://wear.jp/jun10191019/10046414/

こちらはロールアップで裾にたわみを作らず、ストンと落としたコーデ。

ワイドなゴリラカットとビックシルエットのTシャツの組み合わせは鉄板コーデですね!

ロールアップでブルーのVANSが映えます。

 

ユニクロ(UNIQLO) レギュラーフィットワークパンツ|スッキリコーデで大人っぽく

ユニクロUのレギュラーフィットワークパンツ。

デザインはディッキーズ874を意識したワークパンツで、サイズ感など似ている箇所が多いです。

後ろがワーク感があるパッチポケット。

生地の厚みに関しては、ディッキーズとレッドキャップの中間と言ったところでしょうか。

シルエットがキレイなので、普段ワークパンツを履かない方にも、挑戦しやすいワークパンツですね。

コーデ①:全身ブラックコーデで落ち着いた感じに

出典:https://wear.jp/chikuyaaan/18555727/

ブルゾンを使ったブラックコーデ。

上品なパラブーツを履くことでワーク感が無くなり、ドレスアップ仕様に変身。

落ち着いた感じがいいですね。

コーデ②:カーディガンで品の良い感じに

出典:https://wear.jp/hannodaiski/19011442/

カーディガンと革靴のキレイ目コーデ。

キレイなシルエットを上手く利用し、上品さが感じられる知的コーデですね。

全体的にスッキリ見せたい方は参考に!

UNIQLO公式オンラインストア

© 2021 Y・WORK Powered by AFFINGER5