【普段着を活用】快適でオシャレな服装をしよう!【登山着】

登山に行く予定なんだけど、どんな服装がいいか分からない

低い山なら普段着でもいいんじゃないの?

始めて山歩きに行く方は、服装は悩みますよね。

この記事では、初心者・初級者向け山登りについて解説します。

本記事の内容

  • 初心者が選ぶ山の選び方
  • 歩きやすい服装の基礎知識

 初心者はしっかり整備された登山道から!

初心者はしっかり整備された登山道から!

友達と話が盛り上がり「山登りに行こう」ってなったけど、どんな山がいんだろう。

「健康のために山登りしたい」

「山頂からの景色が見たい」

など山に行く目的は十人十色ですが、

初心者は日帰りの低山から行きましょう。

どこに行くのかしっかりリサーチですね。

初心者が山を選ぶ為のチェックリスト

  • 転んでも転落や滑落する可能性が低い
  • コースが整備されているか
  • 登山道・山小屋(休憩所)が随所にある
  • 登山距離・標高の確認(歩行時間)
  • ロープウェイの有無(下山はロープウェイで帰れるか)
  • 初心者コースがあるのか
  • 登った人の口コミをみる

まったくの初心者ならコースの整備と登山距離は要確認です。

口コミに関しては、行った時期や天候により様々なので、コース状況や歩きやすさを重視して見てみましょう。

 

【初心者コースがありオススメの山】

  • 高尾山(関東)
  • 六甲山(近畿)
  • 皿倉山(九州)
  • 泉ヶ岳(東北)

全国各地に登山コースがあるので、自分の目的に合った山を探してみてください。

 

山グッズは安全性を重視し高機能な素材を使用している為、高価な物が多いです。

普段使っているものが代用できれば活用しましょう!

 トレッキングシューズを履こう!

 トレッキングシューズを履こう!

【トレッキングシューズとは】

軽量で防水性が高く、通気性が良いのが特徴。

ローカット・ミドルカット・ハイカットと種類があります。

  • ローカット

スニーカーより作りがしっかりしており、整備されたルートのみ用いる。

スニーカーより底が厚くゴツくした感じ。

  • ミドルカット

整備されたルートの他にガレ場、岩場など悪路にも対応。

くるぶしまで隠れる。

  • ハイカット

登山慣れしてる方向き。足首が固定されるため初心者には不向き。

足首が覆われ固定される。

 

選択はローカットかミドルカットです。

低山や整備されたコース、キャンプなど普段使いも考えているなら「ローカット」

いずれ富士山クラスも考えているなら「ミドルカット」ですね。

 

因みになんですが、トレッキングシューズのネット購入はオススメしません。

メーカーにより、サイズや使われてる素材が異なるため、

買った後に「固すぎて歩けない」などデメリットが大きいです。

自分の目で見て、触って、店舗で歩いてみてから購入に至りましょう。

買う商品が決まっていれば、ネットでもOKです(*^^*)

 

 靴下をおろそかにしない事

靴下をおろそかにしない事

ソックスにも気を使ってください。

「熱いしゴアゴアしていや」という方もいますが、

靴下がクッションがわりになり、けがや疲れを軽減してくれます。

冬季になると2枚重ねで履く方もいますが、おすすめしません。

ソックス同士が滑り靴擦れの原因になります。

季節により使用する靴下を変えたほうが、快適に歩けるので用意しましょう。

  • 綿素材のものはさける(発散性がよくない為)
  • 吸収速乾性の高い素材の物を選ぶ

素材はさまざまありますが、疲れにくく靴擦れしにくいパイル地をおススメします。

ワークマン等にも置いてあり、外仕事で履いてる方も多いです。

シューズと靴下セットで購入したほうがいいでしょう。

 

 ボトムスは動きやすさ重視

ボトムスは動きやすさ重視!

次はパンツですね。

上半身よりも汗をかかず、気温の影響を受けづらいので簡素になりやすいですが、

下半身は常に動いてる状態なので、動きやすいものがいいですね。

季節に応じてですが、これも薄手・厚手があり各メーカーでも種類が多くオススメはありません。

ジャージで山登りしてる人も見かけますが、細身の登山パンツがオシャレです。

寒いときは中にストレッチ性のあるタイツが良いでしょう。

 

 上半身は重ね着を重視

上半身は重ね着を重視

最後は上半身、アウターになります。

大きく分けて3つのレイヤーを用意します。

  • ベースレイヤー

Tシャツなど直接肌に触れるウエアです。

重要なのは素材で、必ず吸収速乾性素材のものにしてください。

夏場でも紫外線や、ハチ・やぶ蚊などがいるため、肌を出すのは危険です。

 

暖かい時期はロングTシャツか、半そでにアームカバーおすすめ。

注意ポイント

ヒートテックなどのアンダーウエアはおススメしません。

私も着てみたのですが、これらは汗を取り込んで発熱はしても、あまり発散してくれません。

また汗で濡れてしまった場合、乾きが遅いので注意が必要です。

発熱機能と速乾機能をあわせもったウエアが理想です。

関連記事:高評価とコスパから選ぶトレーニングウエア【オススメ6銘柄+1】

 

ベースアウター

  • ミッドレイヤー

中間層。幅広い気温差に対応するために重要レイヤーです。

熱かったら脱ぎ、寒くなったら着る、このパートで体温調節します。

ネルシャツ、カットソー、薄いフリース、インナーダウン等がここですね。

ミッドレイヤーは保温性を重視しますが、

スポーツ用のウエアで透湿性があれば代用可能です。

薄いウエアを重ね着(レイヤリング)するため、出来るだけ軽いものにしましょう!

ミッドレイヤー シャツ

インナーダウン

 

  • アウターレイヤー

外気に触れる一番外側に着るウエアです。

ここは突然の雨にも対応したレインウエア一択です。

山登り中に身体が濡れてしまっては、不快だけでなく場合によっては、命にかかわる事態になります。

レインウエアの高機能なものは高いですが、

最低でも雨や雪など防ぐものを必ず持参しましょう。

[Mizuno] レインウエア

関連記事:【高品質レインウエア】絶対必須な雨具【徹底比較5選】

  • 帽子

ハットは大きなハットが重宝しますがキャップでも構いません。

たたんでバックにしまえるものがいいですね。

風で飛ばないよう考慮しましょう。

ココがポイント

  • 標高100mで-0.6℃気温が下がる
  • 秒速1mの風で-1℃体感温度が下がる

 

 山登りのおさらい

ポイント

  • 初心者は日帰りの低山
  • トレッキングシューズはローカットかミドルカット
  • 靴下は1枚履きで季節により変える
  • パンツは基本ロングパンツ。ショートパンツ着用時はタイツと併用。
  • ベースレイヤーは必ず吸収速乾性素材のもの
  • ミッドレイヤーは保温性と透湿性を重視
  • アウターレイヤーレインウエア―1択(ゴアテックス素材なら◎)
  • レインウエアは降水確率0%でも必ず持ち歩く!

以上が初心者の山登りの服装になります。

季節や山の高さ、天候や気温により使用するものがかわりますが、

その都度対応していきましょう。

またお家にあるもので代用できれば、わざわざ買う必要はありませんので、有効活用しましょう!

この記事が少しでも参考になればうれしいです。

amazonでの購入は送料無料などの特典があるプライム会員がお得です!

関連記事:【Amazonプライム会員4つの特典が人気な訳】今なら無料特典が超豪華すぎる!

Copyright© Y・WORK , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.